サラスティアはとってもお得

 

気象庁発表2018年度の東京の湿度を元に試算しました。

サラスティア各月10日間のみ稼働した時の整水量を元に、宅配水と2ℓペットボトルで料金を比較してみました。

結果は、サラスティア月平均約166ℓを整水。宅配水/約14本分、ペットボトル2ℓ/約83本分にあたります。

サラスティアはどれだけお水を作っても、料金は一律3900円。

しかも空気が水源なので、断水していても美味しいお水を作ることができます!









東京都の2018年度月別の湿度で、各月10日間だけSarastearでフル整水した場合の整水量を、宅配水(1本12ℓ /1,000円)、2ℓペットボトル( 1本/ 198円)で購入した場合の費用と比較しました。

 

結果は、10日間のフル整水でSarastear neo20は約130㍑~200㍑の水を作る事ができ、同じ量の水を宅配水で調達すると、費用は10,883円〜16,667円、ペットボトルでは12,870円〜19,800円掛かる事がわかりました。

 

サラスティアの場合、費用(フィルター交換費用含むメンテナンスコースを利用した場合)は一律なので、各月とも通常コースで3,900円となります。

 

同じように2018年度の月別の湿度に照らし合わせて東京都で実際に30日間フル整水した場合、Sarastear neo20は約390㍑~600㍑もの美味しい飲料水を創ることができますが、料金は一律なので通常コースの3,900円のみになります。しかし同じ量を賄うとすると、毎月宅配水で32,500円~50,000円、ペットボトルでは38,610円~59,400円もの費用が掛かることになります。

 

東京都の湿度の場合、Sarastear neo20で1日当たり約13㍑から20㍑整水できますので、飲料水としてのご利用だけでなく、料理や、洗顔、歯磨きなどにもご利用いただくことができます。

 

また災害時に備え、日々自動で創られるSarastearの水を備蓄する事で、生活排水に活用する事もできます。

 

使えば使うほどお得な「サラスティア」は、最も経済的なウォーターサーバーと言えるでしょう。